上林誠知の弟は東海大菅生出身?名前やポジションと高校時代の成績も!

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する記事の内容は、福岡ソフトバンクホークスで活躍している上林誠知選手について紹介していこうと思っている。

 

また、上林誠知選手の弟も野球をしている様なのでどの様な人物なのか併せて紹介していこうと思っている。

 

二人の野球経歴も書いていこうと思っているのでどんな野球人生を送ってきたのかも分かると思う。

 

では、初めに上林誠知選手のプロフィールについて書いて行こうと思う!

 

【関連記事】

上林誠知の彼女の名前や年齢は?馴れ初めにや家族についても!

上林誠知外野手の応援歌の歌詞と登場曲の動画は?原曲についても!

スポンサードリンク

上林誠知のプロフィールは?

名前    上林 誠知(うえばやし せいじ)

出身地   埼玉県さいたま市桜区 

生年月日  1995年8月1日(22歳)

体重    79キロ 

身長    184cm 

ポジション 外野手 

投打    右投げ左打ち

 

では、初めに野球を始めた経緯から紹介だ!

野球を始めたのは小学校1年生の時になるんだが所属していたチームは「西堀A-1」になる。

 

野球を始めたのは早い部類になるな。

中学校進学すると、「浦和シニア」に所属していたんだ。

 

中学時代は、硬式ボールで練習していたみたいだな。

中学校3年生の時に全国制覇を達成している。

 

中学生時代に全国制覇すると言う経験は、中々ないと思うので大きな経験となったと思う。

 

高校は野球留学で宮城県にある野球強豪校である、仙台育英高校に進学する。

 

仙台育英高校と言えば、甲子園常連校として知られている高校であり全国名の知れている学校となる。

 

男女共学の高校であり、スポーツだけではなく勉強にも力を入れており特別進学コースを設立しており毎年難関大学の合格者を輩出しているんだ。

 

上林誠知選手は、この名門校に入学して1年の秋から4番を打っていた。

 

上でも書いたが、超が付くほどの野球強豪校で1年から4番を打つのは相当素晴らしい技術と打力を持っていないと任されることはない。

 

さすが、中学時代全国制覇を成し遂げているだけはあるな。

 

2年の夏に開催された宮城県大会予選を見事優勝しており夏の甲子園の切符を獲得している。

 

甲子園でも4番打者として出場しており、センターのレギュラーを獲得していた。

 

2年の秋にはチームのキャプテンとなり、チームを引っ張る役目も担っていた。

 

同年秋に開催された明治神宮大会でも見事優勝をしておりチームの強さを証明したことになる。

 

明治神宮大会を優勝したことにより、3年の春の甲子園も出場を果たしている。

春の甲子園では、準々決勝で敗退した。

 

3年生の夏となり自身高校最後の夏となったが、2回戦で敗退し甲子園を去っている

 

2013年に開催されたプロ野球ドラフト会議では、福岡ソフトバンクホークスから4位指名を受けて契約金4,000万円、年俸500万円で入団。

 

2017年でプロ生活3年目を終えたことになる。

 

では、次に上林誠知の弟について書いていこうと思う!

スポンサードリンク



上林誠知の弟は東海大菅生出身?

 

上林誠知選手には弟がおり、上林昌義選手になる

 

なので、東海大菅生高校出身と言うのは本当になる。

野球強豪校出身であり、高校卒業後は東北福祉大に進学している。

 

東北福祉大も野球強豪校であり将来はプロ野球選手になる可能性は高いよな。

スポンサードリンク



ポジションと高校時代の成績も!

 

上林昌義選手のポジションは、外野手になり相当足が速い選手として知られているんだ。

2015年の東京都春季大会では、準決勝で敗退。

2015年夏に開催された甲子園出場を掛けた西東京大会では決勝戦で早稲田実業に敗退しており、後一歩で甲子園出場出来たが惜しくも敗退となった。

2016年の東京都春季大会では、準決勝で敗退。

 

2016年も夏の甲子園予選で八王子学園に決勝で敗退。2年連続で甲子園出場出来なかった。

 

2017年は3度目の正直となり、甲子園出場を果たす

結果は、準決勝で敗退しベスト4入りを果たす。

 

野球強豪校にふさわしい成績を残しているよな。

大学に進学したのでこれからもどんな活躍をするのかとても気になるな!

 

【関連記事】

上林誠知の彼女の名前や年齢は?馴れ初めにや家族についても!

上林誠知外野手の応援歌の歌詞と登場曲の動画は?原曲についても!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です